財布

便利なグッズが多い

日本の免税店では外国人を魅了するたくさんの生活に便利なグッズが売られている。それらは、何気なく使っていて地味に困ることを解決するものである。それらのグッズの効果は人々を魅了しやすいということであり、特徴は人々をうれしくさせることだ。

DUTY FREE

利用時の注意点

免税には消費税と関税の二種類の税金があり、街中で見かけるのは消費税の免除です。日本では基本的に海外からきた観光客に限られており、日本人が利用するのは条件があります。利用時には金額や提示物に条件があるので注意しなければなりません。

女性

安く購入できて便利

日本の免税店情報を調べてみましょう。そうすれば、お得に買い物ができます。海外からの観光客に教えてあげるのもいいかもしれません。一方、海外へ行く時にも調べておくと安心です。有名店ならインターネットで簡単に調べられます。

TAX FREE

利用者が多い制度

日本人でも海外から一時的に帰国する場合、日本の免税制度を利用して買い物ができます。非常に便利な制度でお得に買物ができるので免税店の人気はとても高いです。また、多くのメリットがあるという事で免税店になるお店が今日本で増えています。

紙袋

買い物にかかる税金

海外で買い物をするときに、日本人なら免税が適応される可能性があるので、損をしたくないなら事前に調べることが大切です。また、関税を免税する方法もあるため、海外通販を楽しみたい方は、そちらもきちんと把握しましょう。

海外旅行でお得にお買い物

TAX FREE

空港型と市中型がある

海外旅行へ行く時に免税店を楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。免税店でお買い物をすれば税が免除されるので通常より安い価格で商品を手に入れることが出来ます。たとえば日本の場合、たばこにはたばこ税と消費税が課税されておりこれが全体の6割程度を占めています。そのため免税店でたばこを購入すれば通常の4割程度の金額で買えるということになります。実際にはこれにお店の利益などが上乗せされるのでもう少し高くなりますが、かなり安く買えるということは理解できるのではないでしょうか。日本に暮らす日本人が免税を受けるのは主に海外へ行く時です。出国や入国時に空港型免税店が利用できますし、渡航先の国でも利用可能です。また、日本国内では沖縄が特別な制度を導入しており、県外行きの航空券などを提示することによって税の免除を受けることが出来ます。免税店を利用する方法については空港型免税店と市中免税店で違いがあります。空港型は出国手続き後に利用するので、普通のお店と同じように買い物をすることが出来ます。ですが、市中免税店の場合はパスポートや航空券の提示などが必要となります。また、出国時に書類の提出なども求められるので忘れないようにしなければなりません。また、最近増えている空港型市中免税店でもパスポートや航空券の提示が必要です。また、この場合は商品を出国手続き後に受け取るので、荷物の重量などに配慮する必要があります。